So-net無料ブログ作成
検索選択

両国寄席 平成二十九年六月十一日 [落語]

両国寄席 平成二十九年六月十一日
於:お江戸両国亭

三遊亭上楽『宗論』
三遊亭喜八楽『一目上がり』
三遊亭萬橘『味噌豆』

遊馬百席の板橋から両国寄席まで移動。
ちょっと時間が余ったので回向院に行ってみる。落語にはよく出てくる場所だけれども、行ったことはなかった。
人だけでなくいろいろな生き物の回向もするそうで、猫や犬、小鳥の碑などもあった。

萬橘師は相変わらずというか、とりとめのないことを半ばやけっぱちのように声を張ったり一転憑き物が落ちたようにぼそぼそと話したり。その落差というかテンションがおかしい。
なぜかマクラでそばとうどんの食い分けまでやり、どんどん時間を使っていく。途中で「時間がどんどん過ぎていくなあ」とか言っていた。
まさか漫談で終わりじゃないだろうな、とちょっとハラハラし始めたところで『味噌豆』に入る。
同じ味噌豆をつまみ食いするのでも、小僧と旦那では仕草が違うのが面白い。
定吉は豆を一粒食べるだけでも派手に百面相をするが、旦那は熱そうに食べるだけ。
そのふたりが「どこかひとりで食べられるところはないか」と考えて「……便所」と同じ表情でニヤリとするのがおかしい。

萬橘師が終わって外に出たところでけん玉さんと会う。
私のバイクを見て「……HONDAですね」。うん、特に感想がなければ無理になにか言わなくてもいいから。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: