So-net無料ブログ作成

第2回 三遊亭兼好 噺の会 [落語]

第2回 三遊亭兼好 噺の会
於:浅草 ことぶ季亭

三遊亭けん玉『饅頭こわい』
三遊亭兼好『粗忽の釘』
岡大介 カンカラ三線
三遊亭兼好『夢金』

昨年に引き続き、この会にて今年の落語納め。
知り合いが主催なので、多少手伝いをする。ギッチリと満席。

けん玉さん、開演前に会ったときから精彩を欠き、元気がない。
大丈夫かと聞いても大丈夫と答えるが、どうやら連日の飲み会がこたえているらしい。お疲れ様です。今日も打ち上げあるけどね。
けん玉さんの『饅頭こわい』は初めて。
兼好師に教わった噺だというが、さほどいつものような「兼好風」ではない感じ。とはいえ突っ込むときの目の剥き方とかはそれっぽい。
やっぱりどこか元気がなく、いつものような勢いが控えめ。

兼好師の一席め、『粗忽の釘』は相変わらず尻に敷かれっぷりが楽しい。
引っ越しの場面はないのだが、タンスを担いで泣きながら歩きまわったという説明があり、「俺泣いたろう? 泣いた後の一服はうめえんだよ」とタバコを吸おうとするのがおかしい。

岡さん、カンカラ三線とは初めて。
『骨まで愛して』などの昭和歌謡と、明治大正の演歌を。
演歌といってもサブちゃんみたいなものではなく、主義主張の「演」説を「歌」にしたという本来の意味の演歌。これも初めて聴く。

兼好師の二席めはネタ出しの『夢金』。兼好師のは4年ぶりくらいに聴く。
ネタの相談をしているところにも同席していたのだが、結構渋っていたような。
あまり明るい噺でもないからか。
とはいいながらちゃんと要所要所で笑いをとるのはさすが。
オチは通常の「静かにしろい」からもう二ひねりくらいしていて、若干ホラーチックになったり。

会場の隣の隣の店で打ち上げ。
おでんが大変美味しい。
二次会にも兼好師、岡さん、けん玉さんが付き合ってくれ、都合5時間くらい呑む。
兼好師はその後別の飲み会へ。すごいな……。


さてこれにて本年の落語締め。
今年一年で聴いた高座を集計する。
色物を入れて538席。なんと去年とまったく同じ。
ただし今年は落語470席、色物・その他68席で、その割合は異なっている。
今年は結構寄席行ったから色物が多いのかな。

10席以上聴いた噺家順は以下。
1.三遊亭兼好:52席(36会)
2.春風亭一蔵:33席(14会)
3.三遊亭遊馬:31席(13会)
4.入船亭小辰:24席(15会)
5.春風亭一之輔:19席(15会)
6.三遊亭天どん:18席(13会)
7.三遊亭萬橘:17席(13会)
7.桂宮治:17席(10会)
9.三遊亭けん玉:16席(16会)

顔ぶれはほとんど変わらず。
小辰さんの回数が増えているくらいか。一時期よく行ってたからなあ。
けん玉さんは兼好師の会の前座で出ることが多いから増えるのは必然。まだ「目当て」として会に行ったことはないから本来はノーカンなのかもしれないが。

ネタの回数としては以下。
8回:『金明竹』
7回:『たらちね』『狸札』
6回:『親子酒』『明烏』
5回:『お菊の皿』『禁酒番屋』『甲府い』『雑俳』『初天神』『真田小僧』『船徳』

結構同じ人で同じネタを聴いているので重複が多い。
今年はなんと毎年あれだけ聴いていた『子ほめ』が1回!
『山崎屋』よりもレアネタになってしまった。
前座噺にも流行り廃りがあるのかめぐり合わせか。

来年もいい落語に出会えますように。

兼好∞ シーズンII(第3回) ひとり上手 [落語]

兼好∞ シーズンII(第3回) ひとり上手
於:巣鴨 スタジオフォー

三遊亭けん玉『雑俳』
三遊亭兼好『湯屋番』
柳家小せん『ふぐ鍋』
柳家小せん 弾き語り
三遊亭兼好『厩火事』

昨日は終電まで友人たちと飲む。
お茶を飲みながら酒を飲んだからか、さほど悪酔いをせずに済んだが、そうはいってもやっぱり二日酔い。うむ。

けん玉さん、あいかわらずこの噺は「兼好師っぽさ」に溢れている。兼好師の『雑俳』は聴いたことがないけど、こう演るだろうなあという想像できる。
「あいのてとてと ててとてとてと」というところでご隠居さんが噛んでしまうというアクシデントに会場が爆笑に包まれる。
まあ本来はよくないんだろうけど、会場はほぼ兼好ファンであり、けん玉さんにも優しい。
この後兼好師からもさんざんいじられる。

兼好師の一席め、まずは小せん師との思い出話をマクラに。
兼好師が前座時代、ある落語会で一番太鼓を叩いているところをお客さんに見せようと主催者にいわれたのだが、兼好師は太鼓があまり得意ではなく(なぜか訛ったように聴こえるという。それはそれで聞いてみたいが)、困っていたところ当時わか馬だった小せん師が「叩こうか?」といってくれたという。兼好師はありがたくその申し入れを受けたそうだが、後で衝撃を受けたのはそのわか馬さんが真打でも二ツ目でもなく前座だったことだという。また、その後実は年下だったと聞いてさらに驚いたとか。
『湯屋番』は久しぶり。
若旦那の妄想が激しすぎて、湯屋の旦那が昼飯を食いにいくだけで「シャケをノドに詰まらせて死んじゃうんだ、じゃあここはもうアタシのものだ」と飛躍するのがとにかくおかしい。

小せん師、湯気の見えそうな『ふぐ鍋』。
相変わらず淡々とかつ飄々と演っているように見えるが、噺の中の情景がありありと見えてくる。
その具合がなんともいえず心地よく、味わい深い。

仲入りを挟み、半袖シャツに蝶ネクタイをしてタカミネのエレアコを抱えた小せん師のステージ。
アリスの『チャンピオン』、中島みゆきの『ひとり上手』、松田聖子の『SWEET MEMORIES』、舟木一夫の『修学旅行』、サザンオールスターズの『夏をあきらめて』。
去年の扇辰師が爽やか系なら、小せん師はどうしても暗い方向へいってしまうという。
スリーフィンガーのアルペジオも鮮やかに良い声を聴かせてくれる。

兼好師の二席めの『厩火事』、いつもながらおさきのウザさが面白すぎる。
麹町のさる旦那の話をしているときに兄貴分が「珍客到来……何も言うな!」と先回りして釘を刺すのがおかしい。

終演後は恒例の打ち上げ。
去年の扇辰師に引き続き、小せん師も打ち上げで再び喉を聴かせてくれ、兼好師も歌う。普通の歌を歌う兼好師はここでしか聞けないかも。
貴重な体験をする。

第十四回薩摩おごじょ落語会 [落語]

第十四回薩摩おごじょ落語会
於:六本木 薩摩おごじょ

三遊亭遊馬『転失気』『禁酒番屋』

久しぶりの薩摩おごじょでの遊馬師の落語会。
今日はこの後高校時代の友人たちとの飲み会があるので、打ち上げには参加せず。

店内は満員。L字形の角に遊馬師が座り、いつもよりも大きく上下を切りながら話す。
今日が落語初めて、というお客もいるとのことで軽く小噺を交えながら落語の解説をしつつ噺に入る。
一席めは遊馬師のド鉄板。
とはいえ遊馬師の『転失気』はだいぶ久しぶりに聴いた。
悪だくみをする珍念と、珍念に騙されたと気づいたときの和尚の表情がなんとも言えずおかしい。

二席目も鉄板ネタ。
番屋の侍の酔っ払っていく様子が楽しい。
酔っていくにつれて目つきも上目遣いで睨むようになり、その表情もリアル。
また、「役目の手前、落ち度があっては相成らん」と何度も何度も繰り返すのがなんとも酔っぱらいっぽい。
タグ:三遊亭遊馬

第三十四回 一蔵ひとりの会 [落語]

第三十四回 一蔵ひとりの会
於:神保町 らくごカフェ

春風亭一蔵『熊の皮』『粗忽長屋』『文七元結』

そろそろ年賀状を作らなきゃなーと思いながらこれまで撮った猿の写真などを物色するも、どうもあまりいいのがない。どこかまた撮りに行こうかなあ。

一席め、いつもこの会ではネタおろしをするのだが、噺だけでなくマクラもネタおろしをするのだそうだ。そのため何を話したのか「マクラ帳」なるものをつけており、そこから話を付け加えたりして他の会や寄席で使えるマクラとして仕上げるという。
二月には一朝師匠に「これからは自分に似合わない噺もやらなきゃダメだ。お前は若旦那が似合わないから『明烏』なんかいいな。……ダメだ、源兵衛と太助がお前だった」といわれたそうで、爆笑をとる。
また、娘さんの高校受験の面接の練習に付き合ったそうで、いろいろと面接官にヨイショする答えを教えたとか。「趣味と特技は?」との質問には「お前は誰の娘だ? 『趣味はダイエット、特技はリバウンド』と答えろ! 許す!」とのこと。面接官それ知ってたらそれはそれで面白いけど。
『熊の皮』は何度か聴いているが、おかみさんの甚兵衛さんの扱い方がより巧みになっている。
また、甚兵衛さんがおかみさんにベタ惚れで、ウィンクや投げキッスでデレデレになるのもおかしい。

『粗忽長屋』、兄貴分の押しの強さの迫力に周りが押し切られて行くところがおかしい。
こういうのは一蔵さんにハマる。

『文七元結』は約一時間の大熱演。
長兵衛がお久を思うセリフに目元からポロッと落ちたものは涙か汗か。
長かったが、あまりそれを感じさせない一席だった。
終わって頭を上げた後も「(足がしびれて)私はしばらく立てません」というほど。

昨日は『芝浜』今日は『文七元結』、いよいよ年末だなー。
タグ:春風亭一蔵

第439回 花形演芸会 [落語]

第439回 花形演芸会
於:国立演芸場

三遊亭わん丈『寄合酒』
春風亭正太郎『尻餅』
三遊亭彩大『今どき応援団』
エネルギー コント
笑福亭たま『地獄八景亡者戯』
桂雀々『疝気の虫』
翁家和助 曲芸
三遊亭天どん『芝浜』

今日は兼好一之輔の三田落語会があったのだが、チケットが即完売で手に入らず。俺としたことが……。売切れ早いよ……。
代わりというわけでもないが、天どん師がトリの花形演芸会に。とはいえこちらも完売目前でギリギリで予約。危なかった。

昼、あまりにも天気がいいのでどこかへ写真でも撮りに行こうかと思ったのだが、どこへ行こうとうだうだ考えているうちにベッドでぐっすり昼寝。起きたら夕方だった。まあ最近疲れてたから仕方ないか。

わん丈さん、やっぱり前座とは思えぬほどの面白さ。
鯛を食らわせた犬が出汁まで飲んでしまい、それが実は乾物屋の犬だった、というのは初めて聴く形。

正太郎さん、バカバカしい噺を軽快に楽しく聴かせてくれる。
最後の場面で、夫婦の尻餅を覗覗き見た餅屋がサービスでひと臼搗いてくれるというのも初めて。

彩大師は真打昇進後初。約一年ぶりか。
「頑張れ頑張れ」というのは時代にそぐわないと「頑張らなくてもいい」と応援する応援団の噺。
「ブスでもデブでも女子がいるだけありがたい」というセリフが男子高出身の彩大師だけに実感がこもっている。

エネルギーは今回で花形演芸会は卒業らしい。
狂言師のコント「狂言師合コンへ行く」「狂言師はじめてのおつかい」「狂言師のアルバイト」3本。どれも面白かったが、おつかいが特にバカバカしくて好きかな。

たま師、最新ショート落語を10本ほど。あらかじめタイトルを書いた模造紙を見台の前に貼っておくという用意の良さ。
これをたっぷりと演った後に本来ならば一時間以上かかる『地獄八景』をかける。
今までなら『地獄八景』は米朝、『芝浜』なら志ん朝といろいろ決まっていたが、今ならたまと天どんでお手軽に聴ける、と軽い自虐なんだかなんだか。
「この噺や上方の旅の噺はネタがいくつも繋がってできている噺で、伸縮自在でどこで切ってもいい。逆にいえば途中で『これオチかな』と思わせる箇所もたくさんあるが、私が『ここオチです』といったところがオチです」とのこと。
全編に今年の時事ネタを散りばめており、ネタを考えるだけで大変そうだが、ショート落語を作り続けるたま師に向いた噺なのかも。

雀々師、沖縄の離島に仕事で訪れた際、ホテルの部屋に野良孔雀が入ってきた話をマクラに。
バスタオルを振って追い出そうとしたのだが、なぜか孔雀も部屋の中に逃げ込もうとするそうで、かなり手こずったそうだ。「雀々対孔雀ですよ」という一言がおかしい。
上方版なのか、疝気の虫の大好物はそばではなくてあんころ餅、弱点は唐辛子ではなくお茶になっていた。その他にも江戸落語とは異なる点がいくつか。
疝気の虫が「別荘」を探して高座を立ち上がって袖に引っ込むという、本来の形のオチは初めて観た。

和助さんは相変わらず流石の腕前。
無理に笑いを入れなくてもいいと思うんだけどなあ。
ひとりだと、バチをくわえながら行う土瓶の曲芸は何をしてるのかわかりづらくなるな。

天どん師、魚勝を起こす場面は客席を暗くし、舞台もスポットライトだけに。
友だちと飲み食いする場面がなく「夢だ」と信じたため「あれ?」と思うも、その後にフォローが入る。これが最初からそうなのか間違えたのかは不明。
改心する前の魚勝の口癖が「めんどくせえー」だったり「働きたくねえー」だったりするくらいで、いつもの天どんテイストはやや控えめ。
なんだけど、きっちりと古典を演ってるんだけど、やっぱりなんかそこはかとなく天どん風なんだよなあ。不思議な人だ。

猫自慢その27 毛玉 [猫]

な……なんだ一体この毛玉は……?(川口浩探検隊風)
image.jpg


image.jpg
image.jpg
ミルクでした

image.jpg
おにぎり形態にトランスフォーム

image.jpg
シュガーはあまり毛玉くない
タグ:

第6回チャリティ公演 いきいき笑転会 [落語]

第6回チャリティ公演 いきいき笑転会
於:日比谷 日比谷図書文化館

三遊亭愛坊『平林』
三遊亭兼好『壺算』『井戸の茶碗』

ものすごく久しぶりにレンタルビデオの会員になる。
普段あまり映画観ないし、音楽も気に入ったアーティストは買うのであまり利用する機会がない。以前はまだVHSの時代だったから……15年以上、ヘタしたら20年ぶりくらいか。
最近読んだ『超高速!参勤交代』という小説がものすごく面白く、元々映画シナリオのために書かれた話だということだったので映画を観たくなった。……うん、面白かった。面白かったけど小説の方が面白かったかな。時間に制限があるから話が単純化するのは仕方ないけど、その分最後のカタルシスは弱いような。佐々木蔵之介や西村雅彦を始め、俳優たちの会津弁がよかった。
で、映画観ながら缶ビールと缶チューハイを1本ずつ飲んだだけなのに二日酔い。えー。
やっぱりひとりで飲んでるとちょっとでも変な感じに酔うなあ。

さてNPO法人主催のチャリティ落語会。
3年近く前にも一度来ている。そのときは兼好師は一席だけだったが、今回はたっぷりめの二席。

一席めの『壺算』は半年以上ぶり。
たっぷりとマクラを振ってから噺に入る。
なんというか、あの口調でトントンと畳み掛けられるとホントうっかりと「あ、そうだな」と思いそうになる。
丸め込まれた番頭さんの「どうも、ありがとうございました」から兄貴分の「肩入れろ。よっこいせのせ、そーらいいの買ったねっと。いいの買ったねっと」というセリフを定型文のように何度も使い、ここだけ妙に芝居がかっていて印象的。「同じことを何度も繰り返してますよ」ってことを表してるのだろうか。

一席めは騙す噺だったが、反対に騙すのは大嫌いという人もいる、と『井戸の茶碗』へ。
兼好師のは久しぶりで、最近他の人でもあまり聴かない。こういう単純でいい噺って好きなんだけどなあ。
最初の五十両を分けるときに、清兵衛さんまでふたりのマネをして「受け取るわけには……」と言い出すのがおかしい。

帰路の途中、北千住駅前のマックに寄る。
41年間の営業も今日で終わりだという。
半径50m以内にあと2店舗あるし、別になんの思い入れがあるわけでもないけど、35〜6年前、まだ子どもだった頃、北千住に勤めてた父がたまにお土産として買ってきてくれたなーと思い出して、なんとなく。

三遊亭遊馬独演会 [落語]

三遊亭遊馬独演会 2015年12月12日
於:国立演芸場

三遊亭遊馬『引っ越しの夢』『火事息子』『鼠穴』

ここ最近はいつもほぼ満席。周囲で話している人の声が聞こえてくるが、普段あまり落語に行かない人や初めての人も多いようだ。

三席とも先日の『遊馬百席』でかけられていた演目。
『引っ越しの夢』は女中のおきよに話しているときと定吉に話しているときで口調がまるで違い、定吉と話しているときはキリッとしているのがおかしい。
演りようによっては下品になる噺だが、遊馬師だとそんな感じにはならない。ただもしかしたらとことん下品に演ったらそれはそれで面白いのかも。遊馬師には似合わないか。

『火事息子』はオチを少し変えていた。
まあ確かに元のサゲは不謹慎っちゃあ不謹慎だし。

『鼠穴』、兄貴の店の番頭は礼儀正しく見えて物乞いには口汚く罵ったり、竹次郎の娘のお花に「お嬢ちゃんが吉原に身を売ればお金になる」と直接吹き込むなど、結構なエグい人物。「主が主なら奉公人も奉公人だ」という竹次郎の絞り出す声が悲痛。
火事に気づくシーンでは客席の照明を落として高座の明かりも絞り、火事場では照明も真っ赤に。寄席ではできにくい、独演会ならではの演出を盛り込む。
寄席ではできにくい演出といえば、今回の演目の並びもそうだという。すべてお店の噺で、「江戸のお店の風景」シリーズを並べたのだとか。
さらにこれは言っていなかったが、おそらく『火事息子』と『鼠穴』は火事つながりだろう。お店の日常と火事の非日常が会を通して全体的にグラデーションのように描かれていた。
また、この独演会での演出であるハメものも全席に入り、噺を盛り上げていた。

最後は恒例の遊馬師音頭で三本締めでお開き。
タグ:三遊亭遊馬

松戸戸定邸 [カメラ・写真]

あまりにも天気が良かったので、予定はなかったのだが出かけることに。
ただ今日は夜に遊馬師の独演会があるからあまり遠くにはいけない。
ということでまだ紅葉が見頃だという松戸の戸定邸へ。

20151212_01.JPG
20151212_02.JPG
20151212_03.JPG
20151212_04.JPG
Nikon D7000
真っ赤な紅葉が残っていた。

20151212_05.JPG
Nikon D7000
何の実だっけ……。ぱっと見ぶどうっぽく見えるけど食用には適さないそうだ。南天っぽい。

20151212_06.JPG
20151212_07.JPG
Nikon D7000

戸定邸の中にも入る。
20151212_08.JPG
20151212_09.JPG
Nikon D7000
さすが水戸藩主の邸宅だけあって広い広い。
『妾馬』の殿様の家もこんなんなのかな。そら八五郎迷うわ。

20151212_10.JPG
Nikon D7000
欄間に雀が。

古典廻し #2-3 [落語]

古典廻し #2-3
於:西荻窪 一欅庵

立川笑二『親子酒』
春風亭一蔵『寝床』
春風亭一蔵『のめる』
立川笑二『黄金餅』

築80年以上の民家で行われている落語会。
床の間のある和室に高座がこしらえてあって、まんま八っつぁんとご隠居が出てきそうな雰囲気。

20151206_01.JPG
Nikon D7000

笑二さんの一席め、噺家で飲みに行った噺をマクラに。
兄弟子の吉笑さんや馬るこさんたち、そして兼好師と6人で飲みに行ったそうで、一番上の兼好師の話をふんふんと聞いていたという。兼好師が気を使って、「談笑師匠には前にこういうことを言われたことがあって、それがとても励みになっている。弟子だからいろいろ言ってもらえるでしょう?」と吉笑さんにいったところ、「返事するのに夢中で聞いていませんでした」と答えたとか。
吉笑さんは吉笑さんでこないだ「笑二さんがいかに気が利かないか」と熱弁してたし、お互いネタにしあって仲がいいのか悪いのか。
酒を遠回しに要求すると、婆さんが白湯やおじやを湯のみに入れて持ってくるのがおかしい。
さらにねだるときに「婆さん……おとよ……おとよっち」とだんだん砕けた呼び方になり、婆さんもまんざらでもないのがおかしい(婆さんの正確な名前は失念)。その後酔っ払うとずっと「おう、ばばあっち」と呼びかけるのも笑える。

一蔵さんの『寝床』は初めてかな。
とにかく最初ニコニコしていた旦那が重蔵の話を聞くにつれイライラしていくグラデーションがいい。
重蔵も重蔵で旦那に向かって「あ!?」と凄むところは一蔵さんらしい。
長屋の連中が駆けつけて旦那の機嫌が直ったあとに「店立てはやめよう。でも義太夫の会も今日はやめよう」といい、「ではありますが」と言わせようと誘い受けをして重蔵に盛大に舌打ちさせるのも面白い。

『のめる』は久しぶりに聴いた。
前座時代に聴いて「この前座すげえな」と認識したネタだった気がする。
お人好しの八っつぁんとクールな半公のコントラストが楽しい。

笑二さんの二席め、西念があんころ餅の食べ過ぎで死ぬのではなく、あんころ餅で金を包んで食べていたのを覗いていた金兵衛に「なにしてるんだ、出せ!」と半ば暴行を受けて死ぬという結構ダークな演出。
さらに焼き場へ連れて行くときに西念が息を吹き返すのをさらに絞め殺すというかなり陰惨な方向へ。
本来なら手に入れた金を元手に大儲けをして……という噺なのだが、オチも大幅に変更して、ちょっとした怪談噺に変わっていた。なるほど……。途中のグロさとかを考えたら変に笑いにするよりそっちにしたほうが確かに自然な流れのような気がする。

終演後に会場のオーナーさんの案内で一欅庵の建物見学を。
大正末期の家で、洋間や女中部屋まであってハイソだったんだろうなあ。
すごく趣があって、一蔵さんが「高級旅館みたい」と言っていたのもうなずける。


20151206_02.JPG
20151206_03.JPG
Nikon D7000
窓ガラスも建築当時のものらしく、表面が歪んでいるのだがそれもまたいい感じ。