So-net無料ブログ作成
検索選択

入院 [ぶつぶつ]

ちょっとよんどころない事情により月曜から入院中。
ああー猫に会いたい……。

今週末の「渋谷に福来るSPECIAL」の兼好師の会のチケット買ったばかりだったのに……。
日曜の遊馬百席と6日からの浅草のトリにも行けないなあ……。

Df買ったのに桜も撮れないし、はあー。

谷中はなし処 平成二十八年三月二十七日 [落語]

谷中はなし処 平成二十八年三月二十七日
於:千駄木 谷中はなし処

三遊亭萬橘『やかん』
立川志の春『天災』
オーパーツ コント
三遊亭萬橘『ねずみ』

昨日は黒門亭へ行こうと思ったら、開場してすぐに満員だったらしく、10分後にはすでに札止め。一之輔パワーすごいな。

西荻窪でやっている宮治さんの会に行こうかとも思ったが、当日じゃ入れないだろうしなあと諦め、家に帰って野球を見る。追撃センテンススプリング砲もなく、とりあえず開幕できてよかった。
話は変わるが、ベッキーやら野球賭博やらのああいう一連のスクープって誰も得してないよね。別にみんな「不倫は悪」とか「野球賭博はけしからん」とか「覚醒剤を打つのはダメ」なんて本気で心の底からは思ってないでしょ。いやちょっとは思ってるかもしれないけど、それでも自分の身の回りで起こらなければどうでもいいと思っているはず。ただ単純に反論できない正論を振りかざして、有名人や球団を攻撃したいだけでしょ。ゲスだゲスだと連呼してるけど、一番ゲスいのは別に迷惑かけられたわけでもないのに騒ぎ立てているお前らだっていうね。
はーしかしこのままもうなにも出てこないことを祈るよ。

さてさて本来萬橘師、志の春さん、たけ平さんの三人で行われる会なのだが、さすがにたけ平さんいやたけ平師の真打披露興行の真っ最中のためたけ平師は欠席。まあやっぱりそりゃそうか。
その代わり萬橘師が二席かけるようで、これはこれでお得。日によっては志の春さんが二席の日もあるのかな。

萬橘師の一席め、「最近いろいろ芸能界がすごいね」と切りだす。「有名になるには不倫、学歴詐称、覚醒剤だね。ちょうど三人いることだし、たけ平兄さんには不倫してもらって、志の春さんは学歴詐称。僕は打ち放題」となんとも不穏な計画をたてる。つーか志の春さん学歴詐称してたらびっくりだわー。
噺の方はというと、先生の愚者愚者攻撃がすごい。その代わりちょっとでも先生が詰まるとにやぁ〜っとなる八っつぁんの笑顔がおかしい。
しかしまあ何度も聞いたことのある噺にもかかわらず、萬橘師のテンションと勢いか思わずひとつひとつ笑ってしまう。

志の春さん、どことなく堂々として落ち着いた感じの『天災』。
声が渋くていい感じ。
歌の入る噺なんか合いそうと思っていたのだが……。

今日のオーパーツのコントは当然ふたり。この谷中はなし処のメンバーに加えてくれと志の春さん扮する女子高生が萬橘師扮するたけ平師のところにやってくるという内容。
面接試験の内容として輪唱があったのだが、ふたりともキーが合わない。どうやらふたりともそんなに歌は得意ではないようだ。

萬橘師の二席め、大枠としてはまあ同じなのだけど、だいぶアレンジが加えられている。
虎屋を乗っ取られた経緯などはバッサリとカットし、暗い部分はできるだけなくしている。
また、彫物の虎はすでに虎屋に据え付けられており(もともと腰が抜ける前の宇兵衛が発注していた)、甚五郎が帰る前にねずみは動きを止めてしまった。つまり鼠屋がねずみで大繁盛するシーンもなし。
暗さもないが人情噺的な感じもなく、明るいさらっとした小品に仕上がっている。暗いのは萬橘師自身が苦手なのかな。

終演後は谷中銀座や谷中墓地を散歩。
Df+オールドレンズでいくつか撮るものの、あんまりうまいこといかない。難しいなあ……。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

深川噺し問屋 その5 [落語]

深川噺し問屋 その5
於:清澄白河 深川江戸資料館小劇場

三遊亭兼好 あいさつ
三遊亭けん玉『十徳』
三遊亭兼好『しの字嫌い』
伊藤夢葉 マジック
三遊亭兼好『花見の仇討』

今日はそんなに忙しくないよね! ね! と周りに確認して定刻よりやや早めに会社を上がる。忙しくないって素晴らしい。
今日はあまりキャンセルが出なかったのか補助席。

まずはご挨拶。今は年度末なので楽屋で円陣を組んで気合を入れた、今日の声出しはけん玉なので、ウケなかったらけん玉が小屋代を払うとのこと。
声出しくらい別にいいと思うが納得したことはある、サヨナラヒットを打った人のところに大はしゃぎで駆け寄る選手がひとりくらいいるが、その人が声出し当番だったんだろうなあ、と。なるほど。
その他文枝師匠や言い間違えの話、インフルエンザの話など。

けん玉さん、『十徳』はほぼけん玉さんでしか聴かないなあ。
今度の4月で上が全員二ツ目に昇進して立前座となるそうだが、今はネタいくつくらい持ってるんだろう。
そういや関係ないが、まあ昨日の楽しいさんとかは全然いいんだけど、あの人とかこの人も二ツ目になるのかあ……。ええー……。ああそう……。いいのか円楽党。
兼好師もマクラでいっていたが、今は落協とか芸協は前座になるのも順番待ちなのだとか(兼好師は「待機児童」といっていたが)。そんなのが今はじっくり4〜5年かけて切磋琢磨しながら二ツ目になるのに、果たして今のぬるま湯みたいな環境で大丈夫なのか、って余計なお世話なんだけど。じゃあ立川流みたいなのがいいのかったらそうともいいきれないだろうし。難しいね。

兼好師の一席め、やはり兼好師の田舎者は強烈におかしい。
とはいえさすがにこの噺の清蔵は封建制の時代にあんなに楯突いてたら主人にぶん殴られても文句はいえないと思う。
いやつーかいるんだウチの職場にも。なぜか俺に対して理屈こねて上に立とうとする後輩が。何がしたいんだよ。
ということでどうしても主人側の立場に立ってしまってちょっとイラっとする。上手いだけに余計に。

伊藤夢葉先生、いつもの寄席でのマジックをいつものようにやっていて、もう何度も見たはずなのにやっぱりあの流れるような喋りに笑わされてしまう。面白いなあ。

兼好師の二席め、いよいよ桜のシーズン到来ですなあ。
意外にも兼好師の『花見の仇討』は初めてか? これまで聴いた誰の形とも少し異なっている。
仇討ちの芝居をちゃんと稽古をしてそれなりにセリフが言えていたり、殺陣もワンパターンながらもちゃんとできていたりとクオリティが高いのは珍しい。とはいえそこまで行くのにかなりの失敗があってそれがおかしい。
つーか仮装の衣装や本身の刀を用意できたりと、職人にしてはだいぶ金回りがいいなこの4人。同じ花見の噺でも『長屋の花見』や『花見酒』とはだいぶ違う。

いつもなら終演後に知人たちと一杯行くところだが、週頭の平日なので今日はパス。明日も仕事だ。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

高縄手落語会 平成二十八年三月二十一日 [落語]

高縄手落語会 平成二十八年三月二十一日
於:白金高輪 港区高輪区民センター

三遊亭鳳月『看板の一』
桂宮治『子別れ(下)』
三遊亭楽しい『黄金の大黒』 踊り『茄子と南瓜』
桂宮治『天災』

昼は母と兄と姪っ子二人と父親の墓参りに。
そのときに兄貴が義父から貰ったニコンのオールドレンズを借りる。兄貴はCanon派だし。
昔の非Aiレンズだが、そこはホラ、オールドレンズが唯一使えるDfですから! ふふふ。
操作もちょっとひと手間……いやふた手間だな。まずカメラにレンズの情報を登録して絞りリングで絞りを決め、その値を通常のようにサブコマンドダイヤルでカメラに入力しなければならない。
もちろんピントもマニュアルだし、慣れるまで明るすぎたり暗すぎたりピンが合わなかったりと結構大変。……けどその試行錯誤が面白い。
まだ人に見せられるような写真は撮れていないので(これまでそんな写真があったかはさておき)、なんかいい(と自分で思った)のが撮れたらいずれ。

さて実家から一度戻ってバイクで会場まで。
この会は以前はつばなれしてないことも何度かあったのだが、今回はもう少し多め。

まずは鳳月さん、明るくハッキリした話し方で聴きやすい。
メリハリもある。
まだ入門して1年だそうだ。

宮治さんの一席め、小学校に学校寄席で行った折、生徒用の個室で用を足していたら休み時間になってしまい、生徒が入ってきたという。私が小学生の頃は学校のトイレで大をするというのは大変な罪であり、宮治さんの世代でも囃されるくらいはあったらしい。ヤバいと思ったらしいが今は教育の賜物かそのようなことはなく、むしろあっけらかんと「おれウ○コしてくる」という子もいるそうだ。で、それで個室が足りなくなってしまい、大人なのに単に会場の教室から近いからというだけで生徒用のトイレに入った宮治さんは出るに出られず……というマクラから子どもの噺へ入る。
親子の情、特に父親の子どもに対する思いがじんわりとにじみ出てくるような一席。

仲入りを挟んでまた前座が出てくるのがこの会の特徴で、割と前座噺っぽくないものをかけるのもまた特徴か。
楽しいさんは来月から二ツ目に昇進するとのこと。
会が終わった後に名前は変えるのかと聞いたところ「楽八」に変わるとのこと。
なんか入門したての頃からコンスタントに聴いているが、どんどん上手になっていく様子を見れて嬉しい。
兼好師っぽい『黄金の大黒』かな? いやこんなことは言ったことないな、いやでもコレは兼好師の仕草じゃね? などといろいろ雑念が入る。
楽しいさんの高座は明るく爽やかさがあるのでよいですね。
噺の後に披露した踊りもキビキビしていて好印象。

宮治さんの二席め、この会場は次の間が控室なので逃げ場がなくてトイレにもいけない、いま微妙にお腹が痛くてさっきのマクラがリアルになってきている、とのこと。
腹が痛いのを忘れようとしているのか、噺がやたらハイテンションでおかしい。
特に「ひろーい原なか、雨が降ってきたらどうなさる?」と聞かれたときに「向こうから乙な年増がやってきて」とそこから妄想を繰り広げるのはかなり爆笑。ここをそんなに掘り下げる人は初めて聴いた。

帰り、日が落ちた途端に寒いのなんの。油断してヒートテックなしでもいいかと一瞬考えたが、念のため着といてよかったー。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

2016年巨人西武オープン戦 3月20日  [ぶつぶつ]

去年に引き続き上司からチケットをもらったのでオープン戦を観に東京ドームへ。「扇辰日和」とすげえ迷った。
けどまあもしかしたら今年は公式戦ないかもしれないしね! クソが。

image.jpeg
Nikon Df
阿部と井端。

image.jpeg
Nikon Df
由伸監督。

image.jpeg
Nikon Df
長野。今日2ラン打った。

image.jpeg
image.jpeg
Nikon Df
亀井のホームランシーン。

けど負けた。最近俺が見に行くと負けるなー。
まあ長野と亀井がホームラン打ったからいいけど、またタイムリーなしか。今年ほとんど補強してないけど大丈夫?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

新作落語 せめ達磨 vol.61 三遊亭天どん作品集 [落語]

新作落語 せめ達磨 vol.61 三遊亭天どん作品集
於:中野 なかの芸能小劇場

春風亭一之輔『クラブ交番』
古今亭志ん八『通信簿』
古今亭駒次『ひと夏の経験』
三遊亭粋歌『はじめての確定申告』
三遊亭天どん『私をそば屋に連れてって』『呼ぶ男』

ハラが痛い。
先週からずっとハラが痛い。
あまりのハラの痛さに先週は楽しみにしていた小辰さんの『和室カフェ』も直前でキャンセルしてしまった。
病院がいうには胃腸炎で数日もすれば治るということだったが、どうにも。痛さの間隔や痛みは減ったが、なんかイマイチ本調子ではない。
さらにコリからか背中全体が痛い。
前も後ろも痛いってなんなんだ。

とりあえず動けないほどではないので、落語を聴きに。さすがに2週続けて予約キャンセルするのはなあ。

まずはゲストの一之輔師を除く4人でオープニングトーク。
一之輔師はこの後台東区の浅草演芸大賞の授賞式があるとのことでトップバッターなのだそうだ。天どん師が「あー、ヤですねえー。賞を獲りがちな顔ですよね」とよくわからない野次というか茶々を入れると袖からスリッパが飛んでくる。が、天どん師には当たらず。「兄さん、僕に当たってるんですけど」と駒次さん。

さてゲストの一之輔師、実は天どん師の新作は結構やっていて、五席ほど覚えたのだとか。私も何席か聴いたなあ。
本来はこのせめ達磨はネタおろしの会なのだが、さすがに新しいネタを覚える余裕がないので今までやったことのある噺で勘弁してください、ただ、一回しかやったことないからネタおろしも一緒です、と『クラブ交番』。
キャピキャピとはしゃぐ婦人警官がなんとも痛おかしい。これまで見たことのないテンションで、一之輔師がなにかいうごとに笑いが起きる。
「授賞式でこの噺を演ろうかな」「絶対演れよ」「黒紋付着てやる噺か!」「なんで一回しか演ってないかわかった」などなどちょいちょい素の一之輔師が出てきて爆笑をさらう。

志ん八さん、「今日はゲストの一之輔師匠が一番長いです。今日はネタを自分たちで選んだんですが、『通信簿』やりたいですといったら『ぶっ飛ばすぞ俺のネタの中で一番短いヤツじゃねえか』っていわれました」とのこと。
ホントに短い噺。

駒次さんも短めの噺。
夏休み明けの教室で、真面目だった女の子がギャルになってそれを見た男子生徒がいろいろと想像をふくらませるという噺。「見ろ、あのカバンを。ルイ・ヴィトンだ。ロゴはLV。ロスト・バージンの略だ!」というのがおかしい。
またはじめからちょっと派手気味だった女の子は花魁にパワーアップしているというのがなんともメチャクチャで面白い。
駒次さん自身は花魁が出る噺を演ったことがないので口調が怪しいというのも笑える。
先生は夏休みに電車の路線制覇をしたために、なぜか駅員口調になっているというのは駒次さんオリジナルか。

粋歌さん、税務署員のところに殺し屋が確定申告の相談をしにくるというもの。
主役の税務署が女性で殺し屋も女性になっていたが、これは粋歌さんのアレンジなのだろうか。
志ん八さんや駒次さんも聞いてて思ったのだが、いくらアレンジしていても、なんかこう後ろに天どん臭がするというか天どん師が見えてくるというか。天どん作品と知っているからだろうか。
一之輔師はそこら辺の匂いを上手く消していたような気がする。

さて天どん師、「みんななんであんなに短いの? 普通ネタおろしなんだから押し気味になるんですよ。最近の二ツ目さんは、あ、なんか『最近の二ツ目』って感じ悪いな、でも最近の二ツ目さんはチヤホヤされてるからこういうところで手を抜くんだよ」とボヤき気味。「うわあ袖にも誰もいねえ。幕とかどうすんだよ」とボヤきは止まらない。
「どうしようかなあ。じゃあ短めのやつを二席演りましょうか」と大サービス。
『私をそば屋に連れてって』は結構前に一度聴いた。
馴染みのそば屋が天どん師ではなく一之輔師で落語会を開くことに不満を抱き、「なんであんな『賞を獲りがち』顔にやらせるんだよお」とさらにボヤくのがおかしい。

一席めが終わって袖をチラッと見て「今頃慌ててきた。終わりだと思ってるんじゃないですか。聞いてないのかあれだけ騒いでいたのに!」。この人メンドくさいな。まあそのメンドくささも天どん師の味なんだけど。

二席めは恒例(?)の演目アンケート。「一之輔くんが演ろうとしていたネタ」「駒次くんに断られたネタ」「短いヤツ」の三択で、駒次さんに断られたネタとして『呼ぶ男』がかかる。
デリヘルを呼んだ男の家に彼女や妹がどんどんきてしまうという噺なのだが、デリヘル嬢が来る前に彼女がきてしまい「大変な仕込み忘れをしましたよおー。どうしよう、戻りたい」と凹みまくる。
なんとか起動修正をし、「なんかうまくいった気がする」と自画自賛するところも天どん師らしい。
やっぱりこの人はどうにもクセになるんだよなあ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

遊馬百席 第87回 [落語]

遊馬百席 第87回
於:板橋 みやこ鮨

三遊亭遊馬『転宅』『厩火事』『三井の大黒』

久しぶりの遊馬百席、というか今年初。
なんか毎年遊馬始めはやや遅い。

一席め、「上方の某師匠がここ最近責められていますが、あれはなんなんでしょうね。そりゃいるんじゃないですか。『妾です』って言っていれば落語家だしそんなに責められることもなかったと思うんですけど」と妾の噺に。
泥棒がやけに素直で、男の純情を弄ばれているのがおかしくも悲しい。
なんかどこかに「いい人感」が滲みだすのは遊馬師の人柄か。

二席め、まだまだ上方某師匠の話。「あれはなんで暴露したんでしょうね。あれは誰も得しない。某師匠はもちろん、聞いているこちらも『はあそうでしょうね』くらいの感想しかないし、暴露したほうだってもう誰からも信頼されないでしょ」。ごもっとも。
二席めは今度は女の純情というか。
あまり髪結いの女房がやかましくなく、なんとなくもじもじしている感じ。ぐいぐいウザいほど押してくる女房もいいが、これはこれでかわいらしい。

三席めはネタおろしかな? 個人的にはあまり好きではない噺。
この噺なにがいいたいんだろうなぁ……。
甚五郎はボーッとしすぎていて与太郎一歩手前(「手前」で、与太郎とはまた雰囲気が違うのだが)で、政五郎や江戸っ子の職人とのコントラストは面白いのだが、どうにもエキセントリックさが目立つ。
『ねずみ』や『竹の水仙』とはだいぶ雰囲気が違うなあ。
丁寧に演じられ、大ネタではあるが飽きずに聞けた。政五郎の人情味あるキャラクターがよかった。

GWの大日本橋亭のチラシをもらう。やっべえまだ予約してなかった。
今年は休日ではない5月2日が2日めではあるが、たまたま有給とってた! ラッキー。ということでその場で予約メールを入れる。楽しみだなあー。
タグ:三遊亭遊馬
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

九十九里までツーリング [散策]

ようやく寒さも少しだけ和らいできたので、久しぶりに遠出を。
海に行きたかったので、一昨年の犬吠埼以来の千葉の海に行ってみることにする。

で、きたのはいいけど、厚い雲で覆われてて色彩に乏しい。
写真撮ってても、どうにもこう……テンションの上がるような仕上がりにならない。
腕が悪いといわれてしまえばそれまでだけど。

一時間ばかりいて退散。
往復に6時間以上かかったのに。

カメラが2台入るカメラバッグを買ったはいいが、バイクの収納に入らないので背負うしかない。
重いし肩痛くなるし、こりゃあ遠出するのにはちょっとキツいなー……。

20160305_01.JPG
Nikon Df
シロチドリ。波が引くと何かをついばみ、波が来るとテテテテと走って逃げていく。かわいい。

20160305_02.JPG
Nikon Df
風紋。風強かった。

20160305_03.JPG
Nikon D7000
ウィンドサーファーも。

20160305_04.JPG
Nikon Df
スカシカシパンwithフジツボ。アクセサリーをつけているみたいでかわいい(気がする)。

20160305_05.JPG
Nikon D7000
カモメ。色彩が乏しすぎるのでいっそ白黒に。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行