So-net無料ブログ作成

亀戸梅屋敷寄席 平成二十八年九月三十日 [落語]

亀戸梅屋敷寄席 平成二十八年九月三十日
於:亀戸 亀戸梅屋敷 藤の間

三遊亭まん坊『手紙無筆』
三遊亭楽八『元犬』 踊り『深川』
三遊亭兼好『天災』

仕事は忙しいのだが、クライアントから支給されるブツがないとどうにもならない。
支給期限はとっくに過ぎているのだが、なんだかんだでまだ届かない。いやこれ納期までの納品無理でしょ。綱渡りどころかもう足元にロープなくなってるのにみんなしてその事実から目をそらしているような状態。
やらなきゃいけないことは山ほどあるのにできることがないという最悪な状況で、ムカつくから午後休取ったった。もうしらん。

兼好師の予定を見てみると、13時半からの梅屋敷寄席に出演とのこと。ちょうどいいやと久しぶりに梅屋敷へ行く。
受付にじゃんけんさん。平日なのに、と驚かれる。
中断されていたのが再開されたのはいいけど、平日じゃそんなに入らないんじゃないのと思っていたら、以前の土日とそんなに変わらないくらいの入り。

まん坊さん、まだだいぶ硬さは残るものの以前に聴いた時よりはだいぶ落ち着いてきている様子。
あまり聞かない形だった。

楽八さん、二ツ目に昇進してからは初めて。
兼好師完コピの『元犬』なんだけど、まだちょっとテレが残っているのが見えてしまう。それがわかるとこっちが恥ずかしくなってしまうのは何故だ。
兼好師の形はもちろん間違いなく面白いのだけれど、やっぱりあれは兼好師があの顔や仕草で演るのが一番面白いのであって、音だけマネても「なーんか違うんだよなあ……」となってしまう。
もう二ツ目になったんだし、楽八さんのアレンジをもっと効かせたものを聴きたい。
噺の後には踊り。兄弟子のどっかの真打は見るに堪えないヨレヨレのかっぽれを踊っていて「バカにしてんのか」と腹が立ったが、楽八さんの高座の後の踊りはすごく「余芸も修行してる」という感じがして好き。頑張って欲しい。

兼好師、八公が乱暴者のくせになんだか妙にフレンドリーで楽しい。
江戸っ子の軽薄さと喧嘩っ早さをそのまんま体現したような印象。
八公のよくわかっていない「天災」を熊のところで振り回すところはたまらなくおかしい。
……なんか今日顔がいつもと違うような……気のせいかな。

仲入りまでで満足したので帰宅。せっかく午後休とったのだから家に早く帰らねば。
夜は友だちと飲みに行くけど。

鈴本早朝寄席 平成二十八年九月二十五日 [落語]

鈴本早朝寄席
於:鈴本演芸場

古今亭志ん吉『幇間腹』
鈴々舎馬るこ『蝦蟇の油』
入船亭小辰『鈴ヶ森』
三遊亭美るく『佐々木政談』

昨日の夜は大学時代の友だちと飲む。
帰ってきて猫にご飯あげて寝ていると、構え構えと猫がベッドにまで入って要求してくる。大変かわいい。

志ん吉さん、明るい雰囲気と一八の陽気さが合っている。

馬るこさん、NHK新人演芸大賞で今年も決勝を芸協に取られていることに苦言。なんとかぴっかり☆さんが出るものの、顔ぶれを聞くと「ほとんどタレント枠じゃねえか」。
とはいえ審査方法も不透明だし、なんか最近は芸よりも流行りの人が出ているような気もしないでもない。
前半は普通の『蝦蟇の油』だが、後半はなぜかガマの油売りが酔っ払うとオネエになってシモネタを連発するという「カマの油売り」に。「鈴本で演る噺じゃねえぞ!」と自らいいながらも、そのカオスっぷりがとても楽しい。

小辰さん、馬るこさんのシモネタぶりに若干引きつつ結局自分もお尻にたけのこが刺さる『鈴ヶ森』。
相変わらず話の通じない子分に振り回される親分のイライラがおかしい。

2日続けての美るくさん。
女性がこの噺を演ると、白吉が自然に聞こえる。その分佐々木信濃守の威厳は少なめになるけれども。

鈴本を出てみるとまたバイクに駐禁が切られていた。orz
いや自分が悪い、自分が悪いんだけどさ……。なんかやな予感したんだよなあ。
はあ、鈴本バイクで行けないとなると20分足らずで行けてたのが倍以上かかるなあ。

黒門亭 第一部 2803回 [落語]

黒門亭 第一部 2803回
於:落語協会2F

金原亭小駒『金明竹』
三遊亭美るく『狸札』
桂文ぶん『天災』
林家時蔵『犬の目』
三遊亭天どん『ミドさん』

今年2月ぶりの黒門亭。行くときは頻繁に行くが、空くときは結構期間が空くなあ。

美るくさん、他の人のマクラなどで噂はいろいろと聞くが実際に聴くのは初めて。
昨日3x歳の誕生日だったらしい。

文ぶん師、淡々というかあまり起伏は大きくはない話し方。
乱暴者の八五郎のキャラには合わないような気もするのだが、そこがなんだかかえって印象的で面白い。

時蔵師、謝楽祭で落語協会の寄席の香盤のコピーを売ったところ全然売れなかったとのこと。
悔しいから今日も持ってきた、とのことだが……うん、全然欲しくない。
別に「真打の噺家の名前が全部入ってる」と言われても手書きなわけでもなし、番組の資料としてはかわら版見ればいいし、なにより協会が噺家に配ってるんだか寄席に貼ってあるんだかしてるもののコピーでしょ? 時蔵師がわざわざ作ったものでもないんだし、どこに商品価値があるのかわからない。しかも40数枚入って千円って高いよ。なぜそれが売れると思ったのか。
欲しい人は欲しいのかねえ……と思ったけど、「誰か買う人います?」と聞かれて誰も欲しがらず。そうだよねえ。
マクラが長かった分か、噺は短め。私はなぜかあまり巡り会わない噺だが、このナンセンスがいかにも落語的で楽しい。

天どん師、ゴレンジャーのミドレンジャーが現在の暮らしを語る新作。
数年前に作って4、5回しかやったことがないという。
理由としては、最近粋歌さんが似たような噺を作って天どん師がパクったみたいに思われるとか、仕込みが大変だとかいろいろあるらしい。
で、その大変だった仕込みが高座で不発。2回やり直したが不発。「楽屋ではできたのにー」とorzとなっていたが、それもまた天どん師っぽい。

外へ出てみると土砂降り。もう2週間近く雨降ってねえか。バイクできちゃったよもー。

人形町噺し問屋 その六十五 [落語]

人形町噺し問屋 その六十五
於:水天宮前 日本橋公会堂

三遊亭兼好 ご挨拶
三遊亭けん玉『黄金の大黒』
三遊亭兼好『王子の狐』
林家花 紙切り
三遊亭兼好『死神』

ここひと月バタバタしていた仕事の目処がなんとか立ったため、ちょっと早めに会社を上がって人形町に向かう。
行けるかどうかわからなかったので予約をセず当日券で。
会場が広くなったためコレができるようになったのはいいが、あ、当日券ちょっと高いのね……。前は一緒じゃなかったっけ?

まずはご挨拶。
豊洲の問題に触れ、「都議の大部分は仕事してないんですねえ」とチクリ。
そして築地で働いていた経験者の意見としては、築地は狭いから活気があるのであって、広いところに行ったらつまらなくなるのではないか、とのこと。
また、「築地はネズミがすごい」というが、そんなものは当たり前であって、豊洲に移転したらネズミも一緒に移動するだけだという。「だってネズミは築地にこだわらないでしょ。『お父ちゃん、みんな豊洲へ行ってるよ、うちも行こうよ』『うるせい! こちとら先祖代々築地で産まれてるんでい!』……なんてネズミいないでしょ」というちょくちょく挟まれる小咄形式の語りが面白い。
それから末廣亭の寄席に出演したことの報告も。
末廣亭は狭いので、冷暖房のためのボイラーを入れる場所がない。で、どうしたかというと高座の下にあるのだそうだ。「あんないつ爆発するかわからないようなボイラーの上で落語やるんですから。ま、お客さんもつまらない落語聴くよりは爆発のほうが面白いかもしれませんね。『爆笑』の意味が変わりますけど」。

一席め、狐を扇屋に連れ込んで料理を注文するときに、狐に天ぷらを、自分には刺身と酢の物を注文する。
何の気なしに聴いていたが、その後料理を食べている仕草でむせる。その酢でのむせっぷりがあまりにもリアルかつ完全に不意を突かれてたまらなくおかしい。

二席めの『死神』は初めてか?
なんか前にも聴いたような覚えがあるので、このブログを始める前かもしれない。
オチがループっぽくなるのもなんとなく聞き覚えがあるような……。
男が生まれた時に父親が「貧乏神以外なら誰でもいいから誰か神様見守ってください」と頼んだので、これまで死神が男に付いていた縁があるというのが新しい。
死神はなんだか独特の間がある。

終演後、受付で販売していた五代目圓楽一門会のチケットを購入。
3日間の興行で、兼好師が大トリ。いよいよ名実ともに圓楽一門会の大看板への道を歩んでおりますなあ。
同じ日には萬橘師も出る。おいおい両エースをつぎ込むとは太っ腹か。
しかも結構いい席。これは楽しみだ。

池袋演芸場 九月中席 九月十九日 [落語]

池袋演芸場 九月中席 九月十九日
於:池袋演芸場

昼の部
三遊亭歌武蔵『支度部屋外伝』
柳家喬之助『徳ちゃん』
柳家はん治『妻の旅行』
柳家小菊 粋曲
柳家喬太郎『小言幸兵衛』

夜の部
春風亭一花『元犬』
三遊亭めぐろ『進路相談』
林家きく麿『パンチラ倶楽部』
ホンキートンク 漫才
入船亭扇辰『三方一両損』
林家彦いち『あゆむ』
翁家社中 太神楽
桃月庵白酒『新版三十石』
春風亭一之輔『堀の内』
古今亭志ん八『新作(水族館)』
柳亭小燕枝『あくび指南』
林家楽一 紙切り
三遊亭天どん『ハーブをやっているだろ!』

最近公私ともに忙しい。
仕事は毎日午前様だし、親戚のお葬式や法事があったり、親戚に軽自動車を貰ったので名義変更したり。
あと免許センターに診断書を出しに行ったり。そのとき「これもし出さなかったらどうなったんですか?」と聞いてみたら、「呼び出しをする……『ことがあるかもしれない』」というなんとも歯切れの悪い返答。……ホントかあー? まあ……もう私は出したから呼び出しをくらうこともないからいいんだけど。

というわけで写真を撮りにも行けず、満足に落語にも行けず。
けれど、なんだ一体この夢のような顔付けは! これを一度も行かずに逃したら絶対後悔すると思い、家での頼まれ仕事をキリのいいところで切り上げて池袋へ向かう。
今日は代演もないし、交互出演もほぼ私の好きな方が出るという私的には大当たりの日。
昼の部も小せん師や馬石師、百栄師にロケット団などまあなんとも豪華なこと。

ただ多くの人にもそうであるようで、途中から入ったらもうギッチギチの立ち見もかなりの無理のある詰まり方をしていた。これまで見た中で一番の詰まり具合だったかも。

はん治師、息子に対して妻への愚痴を聞かせる噺なのだが、語り口も相まってかなり面白かった。

喬太郎師、まずは丁寧にお客へのお礼から。
「ありがたいものですなあ。……夜は天どんという男がトリなんですが、それまでいるよーって方はどのくらいいらっしゃいますか」とアンケート。私を含め結構な人が手を上げる。
すると鼻で笑いながら「フッ、あっそう」。ひでえ。けどもうそのひっくり返し方から言い方までたまらなくおかしくて一言で爆笑をさらう。
それにしても、なんでこの人はこんなに面白いんだろう。
CDやテレビでももちろん面白いのだけど、やっぱり生で聴くと全然違う。やっぱり落語はライブの芸なんだなあ。
「布団を持ってきな……寝る布団じゃないよ! 座布団だよわかりそうなもんじゃないか。……『The・布団』?」というくすぐりがヤバかった。文章じゃ伝わらないだろうけど思い出し笑いしてしまうほどおかしかった。

昼の部が終わってようやく席を確保するものの、開演前から満席状態。

ホンキートンク、ボケの利さんが「今日は絶好調です!」といろいろと飛ばし、弾さんに「夜の池袋で天どん師匠だからって何してもいいワケじゃねえんだぞ!」とツッコまれる。

扇辰師、江戸っ子たちの軽妙なやり取りや、やせ我慢具合が楽しい。
マクラで「寄席は時間が足りない。切れ場で『冗談言っちゃいけねえ』で終わらせることもあるし、もっとヘタだと『ちょうどお時間でおざいます』なんて言っておりてきたりする」と言っていたものの、お裁きの直前でわざとらしく懐中時計を出して「ちょうどお時間でございます」と舞台を降りる。

彦いち師、「いい話」が集まるバーの噺。
噺家の裏話を「いい話」として暴露したり、ちょっとした話を盛大に盛るマスターがおかしい。

白酒師、寄席に威勢のいい啖呵を期待して浪曲を聴きに行ったら、先生がものすごく訛っているという噺。
高座の途中で孫からの電話に出たり、痰をぺっと手ぬぐいに吐いてそれをおもむろに開いて眺めたりと自由すぎる浪曲家のキャラがいい。

一之輔師の『堀の内』は久しぶりに聴いたが、まだ進化していた。
今日聴いたものではお題目が思い出せず、「YoYo、ミョウミョウ」とラップのできそこないのようなものを唱え、それがたまらない。
やっぱりこの人も生で聴くべき噺家なんだよなあ。最近土日都内近郊でやることが少ないし、大きな興行主ばかりだから高いんだよな……。

楽一さん、揺れない紙切りは初めて見た。
LEDのライトテーブルを使い、そこに注目が集まる。
「天丼を食べる天どん師」というお題では、天どん師が袖から顔を出して出来具合いをチェック。

天どん師、「寄席のトリで何を演ればいいのかいまだにわからない」と恒例(?)のアンケート。
「ふわふわとして優しい気持ちになる新作」と「どーしようもない気分になる新作」の二択。
そりゃ天どん師なら後者でしょ。周りもそうだったらしく、圧倒的に後者の数が多い。「クズばっかりだ」とボソッと暴言を吐く。
CDにも入っている『ハーブ』は池袋ではなんだかリアルな噺。
CDも演芸場で売ってもらったが、1週間で3枚とのこと。俺も買ったけどまだ聞いてないや。

それにしても豪華な顔付けでお腹いっぱい。大満足の一日。

新宿末廣亭 平成二十八年九月上席 夜の部 九月十日 [落語]

新宿末廣亭 平成二十八年九月上席 夜の部 九月十日
於:新宿末廣亭

春風亭柳若『お菊の皿』
ハッポゥくん ハッポウアート
三遊亭兼好『紙入れ』
三遊亭圓丸『宮戸川』
春風亭美由紀 粋曲 都々逸 踊り
三遊亭遊吉『井戸の茶碗』

今週は結局毎日ほぼ午前様という有様で、今日も休日出勤。ああもう仕事終わんねえー。
しかも先週ひき始めた風邪が治らない。熱やら頭痛やらはないのだが、とにかく咳がひどくて特に夜中に出始めると止まらず、眠れないのが辛い。声もガラガラのデスボイス。
しかしさすがに千秋楽には行かなくては! 仕事思ったより進まなかったけどもういいや、と途中で投げ出して駆けつける。

柳若さん、ちょうどこないだも聴いたネタだったが、変わらず面白い。
売れ始めたお菊が若手芸人みたいなノリになるのがおかしい。

ハッポゥくんはリクエストをとったところ「スカイツリー」。
これは無難にこなしていたが、次が「タツノオトシゴ」。「タツノオトシゴ……」と固まる。「これ見せられないなあ……」と弱気な発言が出たものの、できあがりはちゃんとタツノオトシゴで歓声が上がる。
で、次が「寅さん」。「寅さん……えー寅さん?」と再び固まる。一度も見たことないそうだ。
ハッポゥくん面白いし、また寄席に出てもらいたいな。

さて兼好師、楽日なので再び「待ってました!」の声をかけたものの、自分でもびっくりするくらい声が出ない。うーむ。
「圓楽一門らしい噺をということで……間男の噺を。うちの一門は銀座から錦糸町までどこでも間男をするんです」と身内で笑いをとる。
相変わらずおかみさんの妖艶というか情艶さがものすごく、目や首の動きだけで面白い。

代バネの遊吉師の代わりの圓丸師、小遊三一門なので遊馬師の兄弟子か。
初めて聴いたが歯切れが良くて軽やかだけれども軽すぎず、なんとも爽やか。
こういう話し方の噺家さん好きだな。

美由紀姐さん、いい喉。
唄や都々逸を聴いてしみじみといいなあと思えるようになってきた。
踊りも美しい。

終演後、末廣亭の前でぼんやり立っていたら兼好師とばったり会い、挨拶を交わす。
まあ出演8日間のうち5回だから、まだ行けた方か。次もまた機会があればいいなあ。

新宿末廣亭 平成二十八年九月上席 夜の部 九月四日 [落語]

新宿末廣亭 平成二十八年九月上席 夜の部 九月四日
於:新宿末廣亭

マグナム小林 バイオリン漫談
三遊亭兼好『黄金の大黒』
三遊亭遊吉『道灌』
ボンボンブラザーズ 曲芸
桂竹丸『明智光秀伝』

家で一休みしてから末廣亭へバイクで向かう。
さすがにいつもの兼好追っかけの数も減ってきているが、日曜だけあって客の入りはこの4日間で一番ではなかろうか。
あれ、今日は仲入り後がひとり少ないな……。

兼好師の『黄金の大黒』は、特に長屋の連中のやり取りが面白い。
話が通じてるんだか通じてないんだか、すっとぼけた丁々発止が繰り広げられるのが楽しい。
この空気感も兼好師の魅力のひとつだと思う。

今日は寄り道をせずにまっすぐ家に帰る。
今週の平日はこれるかな……。

謝楽祭2016 [落語]

今年も謝楽祭が開催された。
雨の予報だったが、幸いほとんど降らず。よかった。
今年はパンフレットに余白ページがないので、サインしてもらえるものを持ってきてと知り合いより連絡が入る。
無地のノートを探すも、百均には置いてない。ようやく多慶屋で見つけて会場の湯島天神へ。

サインを頂いた方々を順に。すべてNikon Df。
20160904_01.JPG
柳家小せん師

20160904_02.JPG
入船亭扇遊師

20160904_03.JPG
入船亭小辰さん。そういやちゃんとサイン貰ったのは初めてかも。

20160904_04.JPG
古今亭菊之丞師

20160904_05.JPG
蜃気楼龍玉師

20160904_06.JPG
古今亭志ん陽師

20160904_07.JPG
古今亭志ん輔師

20160904_08.JPG
アサダ二世先生

20160904_09.JPG
柳亭左龍師

20160904_10.JPG
三遊亭天どん師

20160904_11.JPG
鈴々舎馬るこさん。ポッドキャストでさんざん「鈴々舎馬ふん」襲名をネタにされているので「馬ふんも入れてください」とお願いしたら「馬ふんにはなりません」との文字が。

20160904_12.JPG
入船亭扇辰師

20160904_13.JPG
柳家三三師

20160904_14.JPG
柳家喬太郎師。
サイン会が始まるところにちょうど居合わせたため、私はほとんど並ばずに済んだが、あっという間に長蛇の列ができていた。
しかもキョン師はすごく丁寧に応対してくれ、名前まで入れてくれたのでひとりひとりが結構長い。
ちょっとお疲れの様子が見えるが、すごいなあ。

20160904_15.JPG
柳家花緑師

20160904_16.JPG
林家たけ平師。北千住ということは知っていたが、割と近所ということが判明。たまに見かける。

20160904_17.JPG
林家彦いち師。実行委員長。

20160904_18.JPG
春風亭百栄師。サインに描いてくれた猫がかわいい。

ノートをバラしてスキャンするのも面倒なので、サインのアップはパスで。
その他の様子。

20160904_19.JPG
一蔵さんは今年もテキ屋でビン釣り。盛り上げが上手い。

20160904_20.JPG
サインする白酒師。サインは締め切られてしまってた。

20160904_21.JPG
芸人のど自慢大会で尾崎豊の『I love you』を歌う小辰さん。昨日は「私は歌いません」と言っていたのに。

20160904_22.JPG
カード占いをする白鳥師。

20160904_23.JPG
20160904_24.JPG20160904_25.JPG
三K辰文舎のお三方。

20160904_26.JPG
譜面が飛びそうになり、裏方の辰のこさんに「押さえとけ!」と命じる文左衛門師。

20160904_27.JPG
なぜかどこからかヒゲを生やしたぴっかり☆さんが登場し、文左衛門師を後ろから抱いていた。

20160904_28.JPG
扇辰小せんツーショット。

芸人さんは皆汗だくになりながらもにこやかに対応してくれた。
来年も期待。
タグ:謝楽祭

新宿末廣亭 平成二十八年九月上席 夜の部 九月三日 [落語]

新宿末廣亭 平成二十八年九月上席 夜の部 九月三日
於:新宿末廣亭

立川吉幸『目黒の秋刀魚』
ぴろき ギタレレ漫談
三遊亭兼好『置き泥』
三笑亭夢花『反対俥』
ボンボンブラザーズ 曲芸
春風亭柳橋『お見立て』

本日3軒目はもちろん末廣亭。
要町から新宿へ向かっている途中で雨が降り始めたため、一度家に帰り、そこから電車で。
なんか今日はずっと移動してるな。

末廣亭近くでぴろきさんとすれ違い、上席に出てたっけ? と思ったらハッポゥくんの代演だった。
割とぴろき好きなので、結構嬉しい。
久しぶりに聴いたが、ネタ自体は大きく変わらないもののなんというか力が抜けた感じというか、枯れた感じに?

三日めの兼好師は『置き泥』。
『夏泥』と同じ噺だが、家の中の穴は「蚊いぶし代わりに戸板を燃やしていた跡」ということなので夏は過ぎているようだったので。
泥棒が財布を取り出しながら納得いかなげに「えぇ、なんで俺が金を渡しているんだろう」とつぶやくのがおかしい。
最後、泥棒に住所を聞いて「仕事して金が入ったら、今度は恩返しにお前のところに泥棒に入る」というオチは兼好師のオリジナルなのだろうか。人を喰った物言いだが、図々しく「来月またきてくれ」とねだる本来のオチよりは後味が爽やかでいい。

これで今日のハシゴはおしまい。
その後そのまま深夜寄席、という手もあったがさすがにもうお腹いっぱい。
1日十二席ってのは、一日中寄席にこもってた時を除いて最多かもしれない。

第16回 要町落語会 小辰・遊京二人会 [落語]

第16回 要町落語会 小辰・遊京二人会
於:要町 要町一丁目会館

入船亭遊京『尼狐』
入船亭小辰『鰻の幇間』
入船亭小辰『鋳掛や』
入船亭遊京『ろくろ首』

中野から直できてみたら、2時間以上間があったので一回帰って図書館に行く。
そしたらそれはそれで時間がギリギリに。我ながらせわしないなあ。

遊京さんは二ツ目に昇進してからは初めてかな。
前座のときはハキハキとした話し方だったが、二ツ目になったら大分落ち着いた感じになったなあ。
悪かあないが、もうちょっとこうフレッシュさというか! 入船亭若手ふたりこんなに落ち着いてしまって……。いいんだけどさあ。そういう芸風の人って上にいっぱいいるじゃん? わざわざ若手のときに老成した雰囲気出さなくたってとも思う。
『尼狐』は上方の『七度狐』の前部分を省いたような噺で、ちょっと珍しい。理由はよくわからないけどとにかく狐に化かされる。理不尽。
二席めの『ろくろ首』もキチッとしていて、上手いし面白いんだけど、もうちょっと遊びというかさ! 遊京さんの味みたいなもの見たいなあ! 絶対面白くしてくるんだろうなと思わせる空気があると思う。

小辰さんは最近端正でありながらもなんとなくその裏に狂気やうすら暗いものが覗いているような気がして、それが端正一辺倒から変わってきているように思える。
『鰻の幇間』の一八が女中にネチネチ文句をつけているときの表情や、『鋳掛や』の子どもたちに翻弄される鰻屋に滲み出ているような。その滲み出る狂気がいい具合に絡まっているように思えるのだが、気のせいかもしれない。

なんつーかうまくいえないんだけど、入船亭の未来を支えるであろうふたりの輝きっつーか将来性というか、そんなものを感じさせてくれた会だったように思う。なんか大袈裟かな。