So-net無料ブログ作成

三遊亭遊馬独演会 2017年12月9日 [落語]

三遊亭遊馬独演会 2017年12月9日
於:国立演芸場

三遊亭遊馬『小言念仏』『眠り猫』『御神酒徳利』

休日出勤。
昨日は会社が所属しているグループの忘年会だったのだが精神的に余裕がなく欠席する。
けど落語には行く。
明日も出勤してやんよ。はあ。
前回の独演会でペア招待券が当たったので、今日は彼女も一緒に行く予定だったのだが彼女が風邪でダウン。いつものようにひとりで行く。
最近彼女とも出かけてないなあ。

一席めは軽めに。
マクラで陰陽の話を振るが、最前列のおばちゃんがいちいち「あらまあ」といい反応を返す。
木魚を叩く仕草は、途中で何を言おうが何が起ころうが木魚を叩く音が一定で強さも変わらないのがいいのだろうが、結構バラツキが目立つ。こういうのはパーカッション的なリズムセンスがいるのかもなあ。
そう考えるとやっぱり国宝はすごいんだな。

続けて甚五郎噺の『眠り猫』。
初めて聴く噺だが、無一文で武州大田原の宿に泊まった甚五郎が宿代の形として猫を彫ってこれが大評判になる、という『竹の水仙』と『ねずみ』を足したようなもの。ついでに『抜け雀』のくすぐりも。
噺自体は珍しいが、ストーリーに目新しい箇所はなく寄せ集め感が強い。
独演会でのお約束であるハメものは、猫を彫るときに『猫じゃ猫じゃ』。猫が口をペロンとする、というときにも擬音として三味線がペロッと入る。

三席めの『御神酒徳利』は安定の出来。
善六さんが鴻池に請われて大坂に行く際、旦那に「行っといで行っといで、どうせお前はいてもいなくても同じだから」と言われ、おかみさんにも「どうせアンタはいてもいなくても同じ」と言われてしまう。
で、神奈川の新羽屋で失せ物探し占いをしたときに「奉公人は宝です。『いてもいなくてもいい』なんて言っちゃいけません」と私情を挟むのがおかしい。
たまに新羽屋のお礼金を全部懐にしまってしまう善六もいるが、遊馬師の善六は全額女中にあげてしまうという100%の善人なので、聴いていて気持ちいい。

来年の遊馬カレンダーが売ってたけど人が多いので次回の遊馬百席で買うことにする。
明日も仕事かあー。

タグ:三遊亭遊馬
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

扇辰日和VOL.65 [落語]

扇辰日和VOL.65
於:中野 なかの芸能小劇場

入船亭はい辰『寿限無』
入船亭扇辰『緑林門松竹〜医者秀英の家〜』
さとうさおり ライブステージ
入船亭扇辰『徂徠豆腐』

矢来町から中野へ。

はい辰さん、前回と同じかと思ったが、扇辰師によればまだ高座に上がるのは4回めくらいとのこと。
やっぱり落語協会だと前座さんも多いんだろうなあ。

扇辰師の一席め、初めて聞く噺。
長い噺の一部ということだが、今日は最初のパート。
医者の家の飯炊きの男が、口八丁で主人のお内儀さんを撲殺し、主人を毒殺するというストーリー。
扇辰師も結構ピカレスク譚多いよなあ。
全体のストーリーを知らないので、主人公がなぜこんなことをするのかわからなくてちょっともやもやする。

ゲストのさとうさおりさん、3年位前にも扇辰日和のゲストで出ていた。
『海辺の水族館』『芦田川』『50日』『くちぶえを夜空に』の4曲。
『海辺の水族館』の歌い尻を上げるメロディが好き。

扇辰師の二席め、まあ今日はそうかなと思っていた。
扇辰師のこれを聴くと年末が近いんだなあと実感する。
昨年聴いたときは珍しく途中をすっ飛ばすというミスをしていたが、今年はキッチリと。
午前中に聴いた兼太郎さんには悪いが、やっぱりさすがというかモノが違うというか……。比べちゃいけないんだろうが。

帰り道、中野ブロードウェイでものすごく安いタブレットPCを発見。
NECだし見た目キレイだし、なんでこんなに安いのか聞いたところCPUがそんなにいいやつじゃないからという。でもCeleronだしネットくらいしかしないし。これまで家ではデスクトップのMacばっかりだったので、家のどこでも使えるPCが欲しかったので思わず買ってしまう。
今まさに使っているが、うん、特に今んとこ不満はないかな。なんでこんなに安いのか不安だけど……。これでコタツでPCができる。
nice!(0)  コメント(0) 

第二十一回 SHINCHO高座 矢来町土曜早朝寄席 [落語]

第二十一回 SHINCHO高座 矢来町土曜早朝寄席
於:神楽坂 新潮講座神楽坂教室

三遊亭兼太郎『寄合酒』『宗論』『徂徠豆腐』

2週続けて朝早い落語会。
明日も休出なのに寝溜めもできねえ……と嘆いてみても始まらない。
これまで何十席と兼太郎(けん玉)さんを聴いてきたけど、兼好師抜きというのは初めて。

一席め、好楽一門の前座さんたちのエピソードをマクラに。なんというか……ロクなのがいねえ……。特にはち好さんの話とか。
話の流れは『ん廻し』と同じ。「誕生日」というワードが出たので『饅頭こわい』かとも思ったが。
兼太郎さんも朝早く起きたせいか、はたまた兼好師がいないからか、ちょっとレロレロな感じ。
くすぐりを盛大に間違え、そこが一番ウケるという若手二ツ目にありがちなパターンに。
兼太郎さんも完全にひとりという会は初めてだそうで、探り探りのようなスリリングさがある。で、それがこっちにも伝わってきてちょっとハラハラする。……うーむ背後に兼好師がいないというのがこんなに不安を誘うとは。頑張れ。

二席め、入門前に働いていたサラリーマン時代の話を。介護会社で働いていたというのは知っていたけど、その前の会社は知らなかったなあ。
で、仕事を辞めて噺家になろうというときに父親と母親両方から殴られたとのこと。そんなところから『宗論』に。
兼太郎さんのも面白い……面白いんだけど、ついこないだ兼好師のキレッキレの『宗論』聴いちゃったからなあ。
これは師匠と弟子のふたりを聴いていたら直面する問題なのだろうか。
ちょっと話は逸れるが、兼好師の人形町の独演会は「前座殺し」だという。「『ご挨拶』と称して20分お客さんをドッカンドッカン笑わせるんですよ。普通ご挨拶なんて5分ですよ。20分もやったらスタンダップコメディですよ。で、散々笑わせた後に前座が出てきてお客を冷ますという」。やっぱりそう思ってたんだ。
……うん、まあでも変顔は兼太郎さんのほうが面白いよ。

三席め、先日はモニターでパブリックビューイングで聴いた『徂徠豆腐』。ちゃんと聴きたいと思っていたら割とあっという間に聴くことができた。まあもしかしたらトリネタとして使えるネタがまだそんなにないのかもしれないけど。
なるほどこういう仕草や表情だったか。
けど上総屋が、徂徠が学者だと分かる前に「先生」っていっちゃってるんだよなあ。普通「旦那」とか「お武家様」とか言うはずなんだけど。これこないだもそうだったし、ミスってるというよりそういうふうに習ってるのかなあ。

終演後に挨拶に出ていた兼太郎さんから手ぬぐいなどを頂く。

そんでもって先週も行った、昔の職場の近くの定食屋へ2週連続で行く。偶然会場からすぐ近くだったので。
やっぱりここのメンチカツ最高に美味い。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

第五十七回 一蔵ひとりの会 スペシャル [落語]

第五十七回 一蔵ひとりの会 スペシャル
於:池袋演芸場

三遊亭あおもり『八九升』
春風亭一蔵『火焔太鼓』
翁家和助 太神楽
春風亭一蔵『文七元結』

今日も割とダラダラと。
最近写真撮りに行ってないなあ。

一席め、学校寄席やNHKラジオの公開収録に参加した話をマクラに。
ラジオでは大喜利がすごくウケたのにカットせざるを得なくなったとボヤく。
甚兵衛さんは気弱な感じで、おかみさんはキツい一辺倒よりやや優しい感じ。
いつものようにやや全体的にハイテンション。形もいわゆる古今亭のものとちょっと違う感じ。
意地悪な見方かもしれないが、ネタおろしやそれに近い状態だとハイテンション、つまり力押しになるのかもしれない。
ともかく金を受け取る場面では甚兵衛さんもおかみさんも騒ぎっぱなし。まあ面白いんだけど、多分このテンションで2〜3回聴いたらちょっと疲れるし飽きるかも……。
一蔵さん自身もヘトヘトになってて、高座を降りるときの後ろ姿がかなり疲れていた。

和助さん、相変わらずお見事。
ひとりだと土瓶の曲芸のときに説明する人がいないから大変そうだなあ。

二席め、始まる前に「立ち見のお客さん、階段とかに座っちゃって。長いから」と促してから噺に入る。
ちょっとだけフライングっぽいけれども真冬の噺を。これを聴くといよいよ年末が近いんだなあと実感する。
佐野槌のお内儀さんの落ち着いた感じがいい。

終演後、彼女と待ち合わせて新宿2丁目にほど近い餃子屋で食事。
私はバイクなので餃子なのにビールが飲めないのが悔しい。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

第八回 大師匠噺 [落語]

第八回 大師匠噺
於:両国 お江戸両国亭

三遊亭天どん『棒鱈』
蜃気楼龍玉『白ざつま』
蜃気楼龍玉『強情灸』
三遊亭天どん『小言幸兵衛』

中野から両国へ。
途中、以前の職場があった街を通ったのでよく行っていた定食屋を見てみる。
当時も結構な高齢の夫婦でやっていたのが、10年経ってもまだ同じように営業していた。
狭いカウンターにテーブルが一脚しかないような小さい店なのだが、揚げ物が美味い。特にメンチが美味かったので久しぶりに頼む。やっぱり美味い。
なんてことをしてたらまたギリギリに会場へ。

開口一番で天どん師の見習いさんの『道灌』。
天どん師が「皆さんがあんなに微動だにしないとは」といっていたが、まあ、入門前の落研みたいなもんだし……。

天どん師の一席め、田舎侍の奔放さと江戸っ子の自由さのどちらも天どん師らしさがある。
特に田舎侍が芸者を舐め回すようにジロジロ眺める視線がいやらしくて最高におかしい。
また、『十二ヶ月』を唄うときに、ひと月ごとにニカッと笑うのもたまらない。

龍玉師、ネタおろしの『白ざつま』は初めて聴く。
前半はさっき兼好師で聴いた『山崎屋』とそっくり。
で後半は『味噌蔵』かな。
んんんー、要所要所で面白いくすぐりなどはあるが、全体を通したストーリーとしてはそんなに面白い噺ではない。というか『たちきり』にも通じる不愉快さのある噺だなあ。
……でもそういう噺ってのがまた龍玉師に合うんだよなあ。
龍玉師のキャラクターも特異なものがあって、天どん師と同じくちょっと独特だと思う。

『強情灸』ではそんな雰囲気は一変。
峰の灸の体験を語る男がとにかく芝居っ気たっぷりで、何をいうにも見得を切るのがおかしい。
その動作がピシッピシッと決まっているのも気持ちいい。

天どん師の二席め、「ネタ出しだから演りますけど、あんまり好きな噺じゃないんですよね。イヤでしょ怒られるのも怒るのも」ってじゃあなんでその噺を選んだんだっていう。
でも天どん師はシニカルなとこあるから、小言が上手い気がする。なんつーかストレートに怒るんじゃなくてちょっと毒があるというか。あとちょっと醒めてる感じもあるから、それらが合わさってなんとなーくイヤミな感じに仕上がっていて、それがまた面白い。
仕立て屋で終わらず、本来のオチの花火職人まで。今はそこまで行く人も少ない気がする。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

なかのらくご長屋 兼好毎月連続独演会 29年11月 [落語]

なかのらくご長屋 兼好毎月連続独演会 29年11月
於:中野 なかの芸能小劇場

三遊亭じゃんけん『浮世床(将棋・本・隠し芸)』
三遊亭兼好『看板のピン』
三遊亭兼好『山崎屋』

なんか久しぶりにバイクに乗って会場まで。なぜかこの季節の朝は環七が混んでるなー。
開始ギリギリに到着。けどいつものようにど真ん中が空いているのでいい席に座る。

じゃんけんさんの『浮世床』は初めてか。
将棋、本はいろいろと粗いところがあるが、隠し芸は面白かった。
それにしても「姉がかわらけ」「妹は毛深い?」とか、意味を知ってたら朝から連呼するのはどうかと思うような台詞が大量に入ってるんだなあ。

兼好師の『看板のピン』はだいたい年に1〜2回の頻度で聴く。
やはり親分の佇まいがかっこいい。
その分後半部の若い男の騒ぎっぷりが引き立って面白い。

『山崎屋』は兼好師では初。
若旦那が真綿で首を絞めるように番頭を追い詰めていく工程がいやらしくもおかしい。
掛け取りで受け取った財布がない、という芝居をするところでは、歌舞伎のような仕草と物言いのわざとらしさが楽しい。
「三分で新造が付きんした」という本来のオチまでには行かず、父親が花魁を見初めて「息子の嫁にどうだろう」というところまで。
まあ確かに嫁入り後の会話はいまいちピンとこないところがほとんどなのでそれでもいいのかもしれない。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

三遊亭けん玉改メ三遊亭兼太郎 二ツ目昇進披露の会 [落語]

三遊亭けん玉改メ三遊亭兼太郎 二ツ目昇進披露の会
於:町家 ムーブ町家

三遊亭じゃんけん『味噌豆』
三遊亭兼太郎『やかん』
三遊亭王楽 漫談(美空ひばりと当代三平)
三遊亭好楽『艶笑噺(はまぐりとたわし)』
口上
三遊亭兼好『犬の目』
林家花 紙切り
三遊亭兼太郎『徂徠豆腐』

2日続けて会社を早上がりできないので、いっそ半休を取る。
会場は一駅の距離だし、時間も余裕があったので歩いて会場まで。
10分前に着くともぎりの好也さんが「席がちょっと……」という。
混んでるの? と思ったらそんなどころじゃなくて超満席。
300人弱の会場に350人ほど入ったらしい。うわあ。

で、どうやら消防法やら何やらの関係上らしいが立ち見はNGらしく、入りきれない人はなんと楽屋のモニターでパブリックビューイング。
兼好師の常連などを中心に、顔見知りの人たちは真っ先に楽屋送りとなる。で私もそのひとりに。
まあそんな経験もないだろうからとおとなしく楽屋へ。
楽屋では声は聞こえるがモニターでは顔がまるで見えないので表情もわからないし、仕草もほとんどわからず。なので今日の感想はざっくりと。

兼好師は口では「『ふたつの目』だからこの噺にした」と言ってはいるが、ホントは「目が出るように」という思いを込めて『犬の目』を掛けているようだ。
久しぶりだけどやっぱり面白い。

花さんの紙切りでは「モニターじゃどうせ見えないでしょ」と好也さんたちが差し入れのビールやお酒を楽屋の客たちに振舞い酒として出していた。私もビールを1本いただく。

兼太郎さん、『やかん』もこれまでよりもいい出来だったと思うが、『徂徠豆腐』はよかった。
モニター越しの声だけでもよかったが、直の高座で聴きたかったなあ。
しょうがないので2月に東村山で開かれる二ツ目昇進披露の会のチケットも買う。というか楽屋組には今日のチケット代が返金されたのでそのお金で。というか別に返金してくれなくてもよかったのに……。

ところで。
以前『るろうに剣心』のファンだから「兼心」という名前にしたいと言ってたけど、兼太郎でよかったねえ。
昇進披露の会の前日に作者が捕まるとかミラクルすぎるだろ。まあそれはそれで面白かったかもしれないけど……。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

三遊亭兼好独演会けんこう一番!秋スペシャル [落語]

三遊亭兼好独演会けんこう一番!秋スペシャル
於:大手町 よみうり大手町ホール

三遊亭兼好『宗論』
三遊亭じゃんけん『もぐら泥』
三遊亭兼好『紋三郎稲荷』
玉川奈々福 沢村豊子『浪曲 百人一首』
三遊亭兼好『二番煎じ』

いよいよ仕事が忙しくなってきて会社を早上がりするのが厳しくなってきた。
明日は兼太郎さんの二ツ目昇進の会もあるし、今月の人形町は厳しそうだなあ……。結局苦しくなるのは自分だし……。

この会は兼好師が挨拶代わりに一席務めるお得な会。
マクラは昨今の相撲の騒動から清宮の話題まで。「清宮君は18歳なのにあんなに落ち着いていていいんですかね。きっと本当は日ハムは本命じゃなかったと思いますよ。よみうりホールだから言うわけじゃありませんが、巨人とかに行きたかったんじゃないですかねぇ。それを顔にも出さずに受け答えして……。若いうちはもっとやんちゃしていいと思うんですが」というところから落語に出てくる子どもは親の言うことを聞かない、反発する、と『宗論』に。
兼好師の『宗論』は久しぶり。
キリスト教にかぶれた息子の芝居掛かった物言いがとにかく面白い。
親父に殴られた時だけ「いってぇ……」と素になるのもリアルなおかしさがある。

じゃんけんさん、『もぐら泥』を前座さんで聴くのは初めてかな。
まだ全体的に粗いというか危なっかしいという印象。

兼好師の二席め、駕籠屋のふたりの慌てぶりがおかしい。
特に後棒の男のパニックぶりが笑える。
平馬が自分を狐に見えるように油揚げを手を使わないで食べるというのも手が込んでいる。

奈々福先生、最近兼好師の会で何度か浪曲を聴く機会があったが、なんかいいんだよなあ。
今度木馬亭でも行ってみようかな。
あの唸っているのと三味線の合いの手が絡まっているのがいい。
俺の日本人のDNAに刺さる刺さる。
最近石川さゆりとかもしびれるし、40を越して日本的な物好きが加速してる気がする。

さて兼好師の三席め、寒い季節に入ったらこの噺ですなあ。
火の用心の寒い状況が見えてくるようだ。
とにかくノドの調子だけを気にしている近江屋さんのキャラがいい。
見回り中も「寒い中声を出すとノドによくない」とか「ノドにいいからネギを食べます(と言いながら肉を食べる)」とかキャラひとりひとりに性格付けがされているのが細かい。

さて明日は早上がりする分、早く会社に行かなければ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

第399回 下町中ノ郷寄席 [落語]

第399回 下町中ノ郷寄席
於:中ノ郷信用組合本店4階大ホール

三遊亭馬ん長『子ほめ』
三遊亭粋歌『落語の仮面』
マグナム小林 バイオリン漫談
三遊亭兼好『うどん屋』

朝まで飲んでいたため昼間はずっと寝っぱなし。貴重な休日が……。まあ雨だったし出かけられないからいいか。
この長く続いた中ノ郷寄席も次回で最終回だそうだ。いかにも地域寄席という感じでいい雰囲気だったのだが。

粋歌さん、羽織が紋付かと思ったらそうではなく、紋くらいの大きさの白い丸がいくつか散っているような模様のようだ。
髪留めも白くて丸いもので、なんというか全体的に体の周りに雪が舞っているような感じ。
噺は白鳥師が女流噺家のために作ったという『ガラスの仮面』を落語に改作したもの。
そもそも『ガラスの仮面』自体をほとんど知らないからなあ……。
一応最初に『ガラスの仮面』のあらすじについては説明があったけれども。
どうにもいろいろと情報過多で面白いんだかなんだかよくわからない。
しかももう会自体が終わるというのにどうやら続きものらしい。

兼好師、次回で終わりというこの会を惜しむ。
ただ、「すぐに再開する気がするんですよね」とのこと。
次回は最終回ということで出演者が豪華で権太楼師と桃太郎師。
「これで桃太郎師匠が仲入り前で権太楼師匠がトリだったら『あ、終わるんだな』と思いますが、権太楼師匠が仲入り前で桃太郎師匠がトリですから。なんだか『まだまだ行くぞ!』って気になりません?」何となく分かる。
『うどん屋』は今シーズン2度目。本格的に寒くなってきてさらに噺が季節に合うようになってきた。
うどんを食べるシーンはやはり上手いなあと思う。
それと兼好師自身も風邪気味なのか時々咳が出ていた。もしかしたら風邪っぴきでも不自然じゃない噺を選んだのかもしれない。

来るときにほんのちょっとだけ雨が降っていたので電車できたのだが、終わった頃には完全に上がっていた。バイクで来ればよかったな。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

第八回 鳥徳寄席 -落語と唄の会- あこ&小辰 [落語]

第八回 鳥徳寄席 -落語と唄の会- あこ&小辰
於:茅場町 鳥徳

遠峰あこ 入船亭小辰 ごあいさつ
遠峰あこ アコーディオンと唄
入船亭小辰『紺屋高尾』
入船亭小辰『替り目』
遠峰あこ アコーディオンと唄

この会は久しぶり。
なぜか休日出勤とかいろいろ重なることが多く。
チラシには七回とあったが、どうやら八回目?

まずはふたり揃ってご挨拶。
最近あこさんが行った海外についてなどを話す。フィンランドからポルトガルなど北欧から南欧まで行っていたらしい。
主催者が飛行機が取れなかったということで、3日かけてバスで移動したという。3日て。広いなヨーロッパ。
いつもはあこさんと小辰さんが一緒に何かをやるコーナーがあるのだが、今日はなしとのこと。そのかわりあこさんが二席分やるそうだ。

まずはあこさんの唄。
足首の鈴を忘れて楽屋に取りに戻るハプニングも。
「『両国風景』は聞き飽きた」というクレームがあったそうで今日は封印するとのこと。
フランスや青森の民謡など。
フランス民謡の途中で中島みゆきの唄と混ざる。確かに似ている。
最後にあこさん作曲、立川こはるさん作詞の唄を。まだ人前で演るのは2回めという花魁の唄。
廓噺に出てくる場面や登場人物を花魁目線で歌った唄で、なぜかアイドル風。
最後に「久さん、元気?」と『紺屋高尾』の台詞で終わる。
と、そこに「元気ー!」と小辰さんが乱入し、そのまま高座に上がって「親方、話があるんですけど」と本当に『紺屋高尾』を始め、あこさんははける。

小辰さんの『紺屋高尾』は久しぶりだが、やっぱり聴かせるねえ。
久蔵が「そんなケチのついた金いらねえや」と啖呵を切った後の親方の「ホントにぃー?」という言い方や間がなんかやたらおかしい。
その他にも勢い余って「ヤブ医者!」と面罵された藪井竹庵が地味に傷つくところなど、細かいお約束のくすぐりの場面がちゃんと面白い。
長さを感じさせない一席だった。

『替り目』は小辰さんに限らずなんか最近やたら聴く印象がある。時期もあるのだろうが。
酔っ払った亭主が酒を飲む仕草で「こんなことする」と言い張り、「なにするの?」と問い返す場面で「こんな形でアコーディオンひく人はいないでしょう?」といったりちょこちょこアコーディオンが出てくる。
最後にうどん屋がサゲを言ったときに、長屋にアコーディオン流しがやってきたという形で今度はあこさんが乱入。そのまま入れ替わるという前半と逆バージョン。なかなか斬新な入れ替わりだ。
『おてもやん』や『最上川舟唄』『哀愁のマグロブツ』など。

最後にもう一度小辰さんも呼ばれる。
締めの挨拶を、と振られても特にありません、と。
何故か急遽ふたり揃って撮影会になったので私も撮る。
20171111_01.jpeg
Nikon Df
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能