So-net無料ブログ作成

季節寄席(秋) [落語]

季節寄席(秋)
於:大森 大田文化の森

林家あんこ『初天神』
桂宮治『権助芝居』
アサダ二世 奇術
春風亭柳朝『明烏』

ホントは昼にこの会場の近所でやってた「たまご祭り」にも行きたかったのだが、雨がパラついていたのでパス。小辰さんや宮治さん、駒次さんとか聴きたかったんだけど。
久しぶりに家の中で猫たちとウダウダ過ごす。
行かないと決めたら雨脚が弱くなって、ついにやんでしまった。なんだー。
せめてハシゴする予定だったこの会だけはとバイクでやってくる。

宮治さん、今日はマクラ短め。たまご祭りで疲れたか。
村で権助がやっていた芝居についての場面もなしで、お店での芝居の説明に入る。
全体的に権助の破天荒さがやや控えめか? 宮治さん自身も探り探りなのかいつもより毒が抑えめ。
それでも爆笑をとっていたのはさすが。

アサダ先生、ホール落語でも寄席と変わらず。
まずはロープマジック、お客さんから千円を借りてそのままカードマジックへ移り、最後に借りたお札を使ってのマジックに。

柳朝師、確か大森が地元なんだっけ。
毎回トリは柳朝師のようだし、もともと柳朝師の回なのかな。
相変わらずどこかトボけたようで歯切れが良く、どこか人を安心させるような語り口。柳朝師も結構独特の雰囲気持ってるよなあ。
ポンポンとどこまでも軽薄な源兵衛太助と育ちのいい若旦那との対比が楽しい。

開始が19時半で終了が21時過ぎ。
さすがに夜のバイクは寒くなってきた……。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0